C4 CAE Consulting and Communications Company − 製造業の開発設計における広義の意味でのCAEに特化し、設計者が使えるCAEツールの選定から運用方法など、CAEを効果的に使うための支援をいたします。 C4 CAE Consulting and Communications Company English
HOME 会社概要 代表者挨拶 お知らせ お問い合わせ

お知らせ

C4からのお知らせ

qfin4.0のダウンロードサイトを追加しました 2009.Mar 25

この度、熱設計のコンサルティングのツールのqfin4.0の評価版、保守ユーザ様のアップデート版を弊社HPからダウンロードできるようになりました。これにより保守ユーザ様におかれましたは、簡単にアップデート版の入手が可能になり、ご購入をご検討のお客様におかれましてはqfinの使い勝手のよさを一定期間ご体験いただくことが簡単にできるようになりました。この機会に是非熱流体解析の最適化機能やLEDの熱解析をお試しください。ダウンロードはこちらから。

ソリューション追加のお知らせ 2009.Feb18

この度、熱設計のコンサルティングのツールとして、カナダQfinsoft社(http://www.qfin.net/drupal/)のQfin4.xを販売サポートすることになりました。Qfinの特徴を以下に簡単に記述いたします。

使いやすさ

Qfinはすぐに使い始めることができます. 使いやすく,解析手順に沿った入力画面やヘルプを備えています。また、LEDの熱解析の専用モジュールも用意しており、今後LEDの利用が高まるなか、LED製品の熱対策が簡単に行えます。

包括的

最適なヒートシンクの決定が短時間でできます. 広範囲なデータベースから直接選択するか,形状や熱に関する基準を指定して検索することができます。 また基本的な形状を選択し,ウィザードを利用することもできます。

高速

わずかな時間で結果を得ることができます.Qfinのソルバーは高度に最適化されており,ほとんどのシミュレーションにおいて数秒以内で正確な結果を得ることができます。比較的大きなグリッドサイズの複雑なシミュレーションでも,2,3分で終了します。

シミュレーション結果はいくつかの方法で表示できます。2次元,3次元表示が可能です。結果のリポートは印刷することも,他のソフトウェアに貼り付けることもできます。

最適化

Qfinはヒートシンク設計の改善をするための,高度な数学的最適化手法を提供します。 ユーザ指定の範囲内で最適なヒートシンク形状を探索します。 熱抵抗あるいはヒートシンク重量のどちらかを最適化する主要な基準として選択します。 さらに,関連する拘束条件を指定します。 最大反復回数終了後,最良となる場合の設計変数の値を示します。また,この値はシミュレーション中にも表示されています。

信頼性

Qfinの解析結果は信頼できます。 解析結果は複数の検証で証明されています。

パートナー追加のお知らせ 2008.Sep.22

この度、お客様からの3DCADのカスタマイズのご要望に対応すべく、ソフトウエア開発パートナーとしまして株式会社デージー・テクノロジーズ様(http://www.dgtech.co.jp/)とパートナー関係を構築いたしました。このパートナー関係の構築により、従来狭義のCAEの範囲でのお客様へのサービスの提供からより広い範囲でお客様の業務効率化に貢献できるものと考えております。

今後弊社は既存3DCADのカスタマイズのよる効率化の分野とM&Aなどで3DACDを統一しなければならないケースや全社的に3DCADを統一、もしくは切り替える際に必要な設計意図を含んだ形でのデータ変換分野に進出したいと考えています。

ユーザ登録情報の移管

昨年3月に3Ga Japanよりユーザ登録情報に関しますメールがユーザ様に配信され、弊社(メールでは新会社)へのユーザ登録情報の移管に同意していただきましたお客様のユーザ登録情報が滞りなく受け継がれましたことをご報告いたします。今後とも宜しくお願いいたします。

株式会社C4 代表取締役 冠者 実

3Ga Japanでのお知らせ

ユーザ登録情報の移管に関しまして

昨年920日に、弊社によります3Gaのサポート業務の期限は平成20831日までとご案内させていただきましたが、平成2091日よりオートデスク株式会社(以下オートデスク社)にサポート業務を移管するにあたりまして、今後、オートデスク社からユーザ様に様々なご案内を送付して頂く予定でございます。

しかしながらユーザ様の個人情報(ユーザ登録情報)をユーザ様の許可なくオートデスク社に譲渡することは個人情報保護の観点から行うことができません。一方、3Ga Japan株式会社は平成20831日を持ちまして会社を解散することに株主総会で決定致しました。一部ユーザ様の有償サポートの継続や弊社解散後の残務処理もございますので、この度、新たに新会社を設立し弊社の全ての知的所有権とユーザ様の個人情報を新会社に譲渡したいと考えております。そこで以下の方法を持ちまして3Ga Japan株式会社からオートデスク社、新会社に個人情報を引き継がせて頂きたく思いますので、ご理解賜ります様、宜しくお願い致します。

ユーザ情報移管に関します詳細は、下記リンクのレターをご参照ください。

2008年8月までのサポートポリシー

平成19年8月27日付けで構造解析ソフトウエア「3Ga」の米国開発元PlassoTech社が米国オートデスク社に買収された旨ご報告させていただきました。その際に、記述させていただきました弊社3Ga Japan株式会社が今後行いますサポート業務に関しましてご連絡させていただきます。

リリースノート

バージョンごとの新機能をご紹介します。

pagetop